伊賀牛 伊賀牛コロッケ 伊賀牛コロッケ
 

ご案内

伊賀牛について

伊賀牛がなぜ幻と言われるのか、すこしお話させてください。

伊賀牛がなぜ幻と言われるのか、すこしお話させてください。

伊賀牛は、三重県の伊賀市・名張市で伊賀産肉牛生産振興協議会に選ばれた
生産者によって肥育されたメスの黒毛和種の未経産牛にのみ与えられる称号です。

伊賀地域の生産者は約30戸で約2400頭の牛が飼育され、
年間約1300頭が出荷されます。

その8割が地元の伊賀産肉牛生産振興協議会認定の精肉店にて販売され消費される為、
地元以外ではほぼ流通する事がない希少価値の高いブランド牛です。
そのため、「幻の牛」とも呼ばれています。
当店も認定精肉店の1つです。

生育環境や気候がよいのも特徴です。

伊賀地域は、年平均気温が約14℃と三重県内でも低く、
また盆地特有の寒暖差のある気候が暑さに弱い牛の肥育に向いており、
キメ細かい肉質の牛肉に仕上がると言われています。

また、生体取引がおおよそ8割を占め生産者と販売事業者との距離が近く
生産者へ消費者の声が届きやすいのも肉質の維持と向上に役立っています。

伊賀産肉牛生産振興協議会とは?

伊賀産肉牛生産振興協議会とは?

伊賀産肉牛生産振興協議会が、伊賀牛を定め、ブランドを保全しています。
昭和37年9月に設立されて以来、伊賀産肉牛の生産を盛んにし産地造成を図るとともに、
生産農業の振興と経営の安定化を目指して活動しています。

伊賀産肉牛生産振興協議会が定める「伊賀牛」
  • 黒毛和牛のの未経産牛
  • 伊賀産肉牛生産振興協議会の会員である生産者が飼育管理したもの
  • 最終飼育地として伊賀管内(伊賀市、名張市)で
    最長かつ12カ月以上飼育したもの

伊賀忍者も食べた伊賀牛

伊賀忍者も食べた伊賀牛

伊賀牛と忍者

伊賀牛の歴史は、1310年鎌倉時代の書物『国牛十図』で
大和牛として伊賀牛が記載され、それ以降、
伊賀忍者が戦時食として伊賀牛の干肉を携帯し
体力づくりをしていたと伝えられ、この忍者の干肉が
伊賀牛のルーツとも言われています。

伊賀忍者の文献上の所見は1487年鎌倉幕府時代であることから、
伊賀牛は500年以上の歴史があります。

三大和牛をしのぐ美味しさです。

三大和牛をしのぐ美味しさです。

伊賀牛の味は、芳醇な香りとコク、
とろける様な柔らかさで
三大和牛をもしのぐ美味しさです。

赤身と脂肪のバランスがよく、
脂の旨みに頼らない。

しっかりとした赤身の
深いコクも堪能できます。

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 受注・お問い合わせ業務のみ

ページトップへ